これまで、12勝次点の場合は実績のある大関なら綱取り起点となりうると説明してきました。
では、12勝同点の場合の処遇はどうなるのか?
今回は、12勝同点について研究したいと思います。


あらかじめ言っておきますと「また12勝の話かよ」と思われるかもしれませんが、昭和の時代には13勝準優勝の場合は原則的に準ずる成績として扱われており
準ずる成績(綱取りの起点)の分かれ目となるのが12勝準優勝であり、大関の実績次第で準ずる成績になったりならなかったりといった事が起こっております。
これが崩れるのが昭和末期、双羽黒が騒動を起こし廃業した事で徐々に綱取りは厳しさを増し、連続優勝原則の時代へと入っていきます。
連続優勝原則の時代の終わりが見え始めるのは2004年、新理事長に就任した北の湖が「優勝しなくとも13勝上げれば準ずる成績」という新たな指針を決めた事で徐々に緩和されていきますが
それでも白鵬が14勝優勝―13勝次点で綱取りを見送られたり、日馬富士が連続優勝でもどうかと言われるほど極端に厳しい条件を付けられたりと一概には準ずる成績を認めるという考えは浸透しませんでした。

そしてこれが劇的に変わるのが大関・稀勢の里の登場であります。
稀勢の里が13勝次点で幾度もの綱取りを行うに至り、北の湖の13勝論は確立。連続優勝原則の時代は完全に終焉を迎えます。
さらにはそれでも横綱になれない稀勢の里が12勝次点―14勝優勝で横綱昇進を果たした事で、準ずる成績の基準は12勝準優勝という昭和の時代まで先祖返りする事となりました。

この「12勝次点を場合によっては準ずる成績とする」基準ですが、2018年11月場所で12勝次点だった高安が翌場所を綱取りとされそうになった所を見ても
これが稀勢の里一代のものではなく今後もこの基準で綱取りの運用がなされる、いわゆる「令和の時代」の基準だという事が分かります。

なので「12勝準優勝」でどうなれば準ずる成績になるのかならないのかを突き詰めていくわけでありまして、必然的に12勝準優勝にスポットが辺りがちになるのです。


話を最初に戻して、12勝同点について見ていきましょう。
この「12勝同点」という成績の立ち位置、内規誕生後で昭和の時代には大関としてこの成績を上げたのが柏戸しかおらず、柏戸はこの場所で12勝優勝した大鵬と共に横綱に昇進しており
12勝同点が素直に綱取りの起点となるのかどうかというのが内規誕生後の昭和ではデータとして存在しない為に中々判断が難しい所であります。
果たして昭和の時代、単純にいきなり12勝同点を上げた大関の場合の対処法はどうなっていたのか?
同点だった事を見て綱取りとしたのか?はたまた準優勝扱いとひとくくりにして12勝次点と同様の処置が取られたのか?
この12勝同点での綱取り起点を見せる事の無いまま平成に入り、貴ノ浪武蔵丸の二人が12勝同点の成績を出しますが、時はすでに優勝が起点の連続優勝原則の時代であり綱取りとはなりませんでした。

唯一、相撲協会がこの「12勝同点」での対処法を見せたのは、照ノ富士が12勝同点となった2015年9月場所であります。
13勝論を掲げていた北の湖理事長ですが、12勝ながら優勝同点となった照ノ富士に対して当初は「13勝と12勝では重みが違う」と準ずる成績には否定的な発言を行います。
しかし、照ノ富士の師匠である伊勢ヶ浜審判部長はこれについて「準じる成績で間違いない」と発言し、理事長と審判部長の綱取りに対する認識は真っ向対立してしまいます。
結局、守屋横審委員長の取り成しもあり、翌場所は「正式な綱取り場所ではないが、全勝レベルの優勝なら横綱昇進もあり得る」という実質綱取り場所となりました。

新しい令和の時代、12勝次点での綱取り起点が実績次第とすると、12勝同点となった場合には照ノ富士の前例に倣って「全勝レベルの優勝なら」という実質綱取りの起点となるのではないかと予想します。
しかし結局のところ予想は予想。どういった対処となるかは実際に大関が12勝同点となってみないと分かりませんので、そこは楽しみに注視しておきたいと思います。






前回はIfの話として、もし連続優勝原則の時代だったあの大関が昭和の時代にその成績だったならという仮定の話で武蔵丸の綱取りを見ていきました。
今回も、別の大関を見ていく事とします。


貴ノ浪の場合

貴ノ浪についてもあと一歩の所で優勝を逃していた印象がありますが、史実では綱取りは優勝を起点とする2回だけであります。
これがもし、昭和の時代の綱取り基準ならどうなっていたのか。
私なりの推察は以下のようになりました。

①1994年3月 12勝同点

②1994年11月 12勝次点

③1996年1月 14勝優勝

④1996年5月 12勝次点
⑤1996年7月 12勝次点

⑥1997年11月 14勝優勝

貴ノ浪も惜しい成績の連続でいろいろと悩む所もありましたが、綱取りの起点や継続になる場所は6回まで増えるだろうという結論になりました。

順に説明しましょう。

の12勝同点は新大関の場所に叩きだしており、関脇から見ると10勝―12勝―13勝次点―12勝同点と、12勝ながらも綱取りの起点とするには十分な成績となっております。

の12勝次点に関しましては、全勝優勝した貴乃花に3差離されての準優勝のために本来ならば綱取りとはならないと言いたいところですが、この先場所・先々場所と次点ではありませんが連続で12勝を叩きだしているのです。
さらに、一年間の成績で見ても関脇からでありますが13勝次点―12勝同点―9勝―12勝―12勝―12勝次点6場所中5場所が12勝以上の好成績であり
これが昭和の時代なら3差離された12勝次点でも、「優勝すれば横綱問題が出てくる」という昔の言われ方、すなわち実質綱取りくらいは成りえるのではないかと判断しました。

の12勝次点は14勝優勝した貴乃花とは2差ながらも千秋楽まで優勝争いに加わり、さらに先々場所・先場所が14勝優勝―11勝と、綱取り場所が11勝で横綱が消えた直後の12勝次点という事も酌量し、ここも実質綱取りの起点となりうるとみました。
また、も同じく継続として扱われる12勝、しかも千秋楽にもし勝っていれば貴乃花との優勝決定戦になっていた1差次点という事で継続扱いとしました。

この様に、惜しい成績もあり綱取り回数も昭和の時代ならここまで増えるであろうという予測を立ててみましたが、この中でも一番横綱に惜しかった成績はどこか。


ずばり、の14勝優勝だと思われます。


実はこの前の場所である1997年9月場所では、12勝の成績を上げているのです。
しかしこの時は12勝ながらも三位であり、12勝三位を起点とする綱取りは同時綱取りの事例を除き一度も無かったために私も上の表にも加えませんでした。
ですが、この12勝三位は13勝優勝の貴乃花13勝同点の武蔵丸に続く1差三位であり、もし千秋楽で対戦した武蔵丸に勝っていれば貴乃花との優勝決定戦にもつれ込んでいた、限りなく準ずる成績に近い12勝三位だったのです。

前にも少し説明しましたが直近二場所だけ見るならば、見方によっては「12勝次点(2差)―14勝優勝」で横綱昇進した稀勢の里よりも準じていたとも言えるわけであります。

方や稀勢の里は14日目に優勝を決められた末の2差ついた12勝次点
方や貴ノ浪は千秋楽に勝っていれば優勝決定戦となっていた1差の12勝三位

勿論他にも補強材料はあるかと思いますが、単純に「優勝への物差し」として見た場合、皆様はどちらが準ずる成績に近いと見るでしょうか。


優勝の重い軽いはその場所その場所で変わってきますのでこの辺は運不運もあるかと思いますが、もしここが同じ12勝でも三位でなく次点ならば
12勝次点―14勝優勝で昭和の時代なら昇進も議論された可能性があります。
惜しむらくは曙・貴乃花・若乃花・武蔵丸という、4人の横綱の時代と重なったという事でしょう。
しかし、その成績は確かに横綱に近かった名大関と言えます。






前回、綱取り回数の1番2番として小錦と旭富士の二人を紹介しました。
今回はIfの話になりますが、もし連続優勝原則の時代だったあの大関が昭和の時代にその成績だったならという仮定の話で綱取りを見ていく事にします。


武蔵丸の場合

小錦以上に好成績の連続だった武蔵丸ですが、史実では綱取りの回数は優勝を起点とする4回となっております。
では、もしこの成績を昭和の時代にしていたらという仮定の場合、綱取り回数は果たしてどうなるのか。
私なりの研究した考えで見ていきましょう。

①1994年5月 12勝次点
②1994年7月 15勝優勝

③1994年11月 12勝次点
④1995年1月 13勝同点
⑤1995年3月 12勝
⑥1995年5月 12勝
⑦1995年7月 12勝次点

⑧1996年11月 11勝優勝
⑨1997年1月 12勝
⑩1997年3月 12勝同点

⑪1997年9月 13勝同点
⑫1997年11月 12勝
⑬1998年1月 12勝優勝

⑭1998年7月 12勝次点

⑮1999年3月 13勝優勝

このように、武蔵丸の成績を昭和の時代でみた場合、実に15回にも及ぶ綱取りの起点、または継続となった場所が出てきました。
もちろん、これが正解というわけではなく状況などによっては「ここは綱取りでは無い」というような場所、または逆にこれ以外にも「ここは綱取り継続になる」という場所も出てくる事もあるかもしれません。
例として1996年11月場所~1997年3月場所の「11勝優勝―12勝―12勝同点」あたりは優勝といえども11勝のために、次点でもない12勝で継続になるのかという考えもあります。
確かにこの場所の12勝は次点ではなく三位ですが、優勝した若乃花との千秋楽直接対決に負けるまでは自力優勝の可能性を残していたという点を見て継続となりえるのではと判断し、綱取り継続という仮定に加えました。


ところで、昭和の時代ならここまで綱取り回数が延びると言いましたが、実際にはそれ以前に綱取りは成功してこんなにも延びないのではないかと個人的には考えます。

では、どこで綱取りは成功すると考えるか。

ずばり、の12勝次点を起点とする綱取りであります。

詳しく説明しますと、この1994年5月場所の武蔵丸は、優勝した貴乃花とは2差がついての12勝次点でした。
しかし、千秋楽に貴乃花との直接対決に勝った場合には共に13勝と並んで貴乃花との優勝決定戦となる可能性を持っていた末に敗れての12勝次点(2差)だったのです。
また、私が勝手に提唱している4場所44勝説の観点から見ても関脇からでありますが「13勝同点―12勝―9勝―12勝次点」で46勝とクリアしております。
昭和の時代ならば綱取りや実質綱取りとなっていた事でしょう。
そしてそれに続く1994年7月場所は全勝優勝であり、昭和の時代なら横綱に昇進していた可能性も高かったと思われます。


武蔵丸の成績、それは双羽黒廃業後~連続優勝原則の時代前の場合には「圧倒的な最多記録の綱取り」となり、双羽黒廃業前の場合には「内規誕生後最短タイ記録の横綱昇進」となりえる成績だったのです。

優勝や横綱に惜しい成績の連続だった武蔵丸ですが、若貴兄弟を初めとする双子山部屋の名力士達がいなければもっと楽に連続優勝して昇進していた事でしょう。
時代によって運不運はありますが、ここまで横綱に惜しい成績だったというのは武蔵丸が一番だと思います。






↑このページのトップヘ